車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:210124
昭和三十八年に我が家にテレビがやってきた。
その時、俺は小学一年生だった。

まだ番組がない時は
画面に大きな円形のマークが入っていた。
勿論、白黒である。

わずかなお子さん番組がある時は、
外で遊んでいてもダッシュで走って帰っていた。

お母さんは農家の仕事でいつも外に出ていたので、
俺の記憶の中では、
いつも祖母と二人でテレビを見ていた。

特に、長い休みの間は
俺は祖母と二人で時間を共有して、
テレビの前にいることが多かった。

小学二年生の夏休みの事…

ふと気がつくと、祖母が
番組の歌や配役の名前などの、
ひらがなやカタカナを、声に出して読んでいるのがわかった。

それも、すらすらとは読めない。
特にカタカナはとてもぎこちなかった。

漢字もとても簡単で、
小学二年生の俺が知っている漢字の読み方を、
時々俺に聞いては、声に出していた。
文字がわからなくなると俺に聞いた。

ある日、俺はしつこく聞かれ、教えてあげたが、
その時、心の中で「何で、俺に聞くの?」と思った。

そして、その時、
多分うっとおしいような顔をしていたのだと思う。

祖母は、俺に気の毒そうに小さな声でつぶやくように、
「俺は、子守り奉公に行ってたからなあ〜」と言った。

祖母が家の事情で、ほとんど小学校にも行けず、
子守り奉公に行っていた事をお母さんが話してくれた。

俺はまだお子さんだったが、
小学校へ行くことが当り前だと思っていたのに、
そうではなかったことに衝撃を感じたことを今でも覚えている。

俺はその時八歳で、祖母は七十七歳だったので、
祖母の子供時代は遥かに遠い昔のように思えたが、
小学校へ行ける自分が、
とても幸せだと感じたことも忘れることができない。

車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら