車のバッテリー調べま専科

これは必見!見逃せない工事用品情報サイト!

車には必ず搭載されているジャッキの能力としては、
■耐用重量(2t用、5t用などの最大荷重)
■最低高(すなわち本体が低いほど車高の低いクルマに使用できる)
■最高リフト高(RV車やVANでは、高く持ち上げる必要が生じる)
■リフト量(ワンストロークあたりの持ち上げる量で、作業性に関係する重要な部分)
などがあり、皆様がお持ちのクルマに合うものがなければメンテナンスはできません。

 

そして2tのクルマの片側を持ち上げるので1t用で問題ない!という考えはNGです。
クルマが水平になっていなければ片側に一方的に加重が掛かかってしまうことになります。また揚能力自体も内部のオイルの劣化とともに下がってしまいます。そもそも安物工具では性能自体が眉唾物なのです。

 

貴方が乗っているクルマを考え余裕を持った耐用重量の、かつ必要な機能を持つジャッキを選ぶようにしましょう。

 

バイクのバッテリーを充電する時というのは注意しなければいけないことが存在します。
その注意するべきポイントというのがバッテリーの容量と充電器の出力電流のバランスです。

 

バッテリーの容量に対して充電電流が大きすぎてしまうことにより、バッテリーを痛めてしまうこととなります。
その結果バッテリーが膨らんでしまったり、最悪の場合には破裂する危険性もあるのです。

 

また逆に充電電流が小さすぎてしまってもいけません。
危険性はほとんどありませんが、充電完了までにかなり長い時間を必要とすることでしょう。

 

バッテリー充電器の仕様にはいろいろな項目が説明されています。
ある程度電気の知識を理解していないと、仕様書のどの項目が何を表しているのかを知ることが困難となります。


 




ケータリングの情報
ケータリングは
URL:http://banquetajin.net



車のバッテリー調べま専科ブログ:201122
大雨というと、
ジメジメして洗濯物が乾かなかったり、
電車やバスが混んで、しかも濡れてしまうなどといったように、
あまりいいイメージがないようですね。

それに、お日様が出ない日は薄暗く、
14時間から電気をつけなければならないし、
厚みのある雲は重く、なんだかどんよりした気持ちになるものです。

でも子どもの頃は、
わざと水溜りを長靴ではいってぴしゃぴしゃしたり、
カタツムリがたくさんいるのを見つけてはしゃいだり…
大雨の日ならではの、楽しいことを発見していたような気がします。

それに、
大雨の景色は、普段の景気とは違うものに変えてくれて、
それは何か特別なものを感じませんでしたか?

わたしは、
心の中で言葉で尽くしがたい、さまざまな感覚がうごめくことがあります。
それらは、決して悪いものではなく、
どこか落ち着くような、優しい子守唄の調べにも似た
優しいものだったように思うのです。

たまには大雨の日を、楽しんでみませんか?

日本では古来から、
五月雨、梅雨、小雨、霧雨など、
さまざまな大雨にあわせた呼び名が数多くあり、
先人たちは多くの大雨を感じ分けていました。
こうした風情を愛でる心に、日本の奥ゆかしさを感じませんか?

大雨の音を聞きながら、
お気に入りの音楽をかけて
ぼんやりとこの「空気」を感じるのがわたしは好きです。

大雨の日は浮ついた心を鎮めて
穏やかにしてくれる作用があるように思います。
上から下に流れていく、そんなエネルギーだからでしょうか。

大雨の粒がきらめくさまや、
道行く人の傘の彩りを見ていると、なんだか優しい気持ちになってきます。
わたしにとって、心をうるおす豊かな時間でもあります。

明日はいい日かな〜

車のバッテリー調べま専科 モバイルはこちら