車のバッテリー調べま専科

エアコン本体へのガスチャージは気体ではなく、液で行うこととなります。
最近のR410用のボンベは逆さまにしなくても液体によってガスチャージが出来るようになっているので簡単です。

 

液でガスチャージをするとなると、古いエアコンでは故障するものも存在していますので、できるだけ時間をかけてゆっくりとガスチャージするのがコツとなっています。

 

冷媒が液から気体になる時というのは、とても低温になるので、人体に掛からないように手袋をするようにしてください。
チャージングシリンダーを使用する時は、その冷媒専用の物を使うようにしてください。
ゲージマニホールドバルブはその冷媒専用の物を使用します。冷媒によっては接続口の口径が異なっています。

 

R410Aのガスというのは圧力が高くなっているので、チャージホースを外す際にはホースの中のガスが一気に放出されます。それを防止する為には、チャージホースの先にボールバルブを付けておくと良いでしょう。
またサービスポートのキャップとバルブのキャップの増し締めを忘れないようにしてください。
これを忘れてしまうと長い間にガスが漏れ続けてしまいます。



エアコンチャージをする時の注意点ブログ:210219

減量には
いろいろな方法がありますが、
中でもお風呂を使った減量というのが
注目されているようですね。

お風呂に入ることで、
なぜ減量効果が期待できるかというと…

お風呂に入ること体が温まり、
血行が促進されるという効果が期待できます。
血流が良くなることによって、
体中の細胞に栄養分を届ける効率もアップします。
すると、細胞の働きも活性化し、
結果的には消費されるエネルギー効率も良くなるというわけです。

以上が、
お風呂減量のメカニズムと言えます。

…と言う事は、
お風呂の入り方によって、
より大きな減量効果を
得ることができるかもしれないですよね?

それは、
食べる事をする前に入浴をするということです。

食べる事をする前に入浴すれば、
胃液の分泌をおさえることができます。

胃液がより多く分泌されると、
空腹感を感じることになりますし、
より多くの食べる事を食べることもできてしまいます。

ところがあらかじめ入浴をすることによって、
胃液の分泌をおさえることができるようになるのです。

結果的に、
食欲の増大を抑えることができ、
食べる事の量を自発的に抑えることができるようになるわけです。

「自発的に」抑えることができる
というところがポイントです。

強制的に食べる事の量を抑えてしまうと、
どうしてもストレスを感じます。

でも、食べる事の前にお風呂に入るようにすれば
余計なストレスを発生させませんから、
継続的に減量を実行することができるわけです!

嗚呼,いい気分